ジャガー専門店マリオットマーキーズ

ジャガー車検整備,お乗り換えはマーキーズへ

ジャガー整備,販売,買取,車検はマーキーズへ
匠の技
お問い合わせ
ボッシュカーサービス
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー

ジャガー車検 整備 修理技術ファイル

ジャガー整備工場 > ジャガー技術ファイル事例一覧 >  No.162 ジャガー XJR X308 エンジン異音 点検
No.162 ジャガー XJR X308 エンジン異音 点検
  • ジャガー X308 XJR エンジン異音
  • ジャガー X308 XJR エンジン異音
  • ジャガー X308 XJR エンジン異音
エンジンから異音がするという事でご入庫頂きました。
エンジンから異音がするという事でご入庫頂いたジャガーのX308のXJRです。
XJRでは、スーパーチャージャーが取り付けられており異音が発生する可能性がある箇所は多岐に渡ります。
今回の事象では、エンジンのタイミングチェーンテンショナーが張力を失っており、タイミングチェーンの張りが失われたことで異音が発生していました。
チェーンテンショナーの交換では、エンジンの各補機類を脱着後、フロントケースを取り外し交換作業を行う為、手間と時間の掛かる整備にはなります。
交換作業後、エンジンからの異音が消えている事を確認し作業完了です。
No.159 ジャガー XJ(X350) フロントの車高が下がる 点検 修理
  • ジャガー XJ フロントの車高が下がる 点検 修理
  • ジャガー XJ フロントの車高が下がる 点検 修理
  • ジャガー XJ フロントの車高が下がる 点検 修理
  • ジャガー XJ フロントの車高が下がる 点検 修理
フロントの車高が下がる
1日置くと車高が下がってしまうとのことで入庫いただきました。
まずは、テスター診断にて故障メモリの確認。次に、エンジンを始動してコンプレッサーの圧力チェックを行います。
実測値を確認しながら点検を進めていきます。圧力は問題ありません。
次に、なぜ下がるのか?を点検していきます。
ショック本体から漏れているのか、バルブブロックから漏れているのか、それとも配管から漏れているか等をを点検していきます。
今回はショック本体からの漏れを確認できましたの左右フロントショックを交換し完了ですが、念のため交換後は1日置いて車両の傾きなどを確認してから返車となります。
No.156 ジャガーXj X350 段差で異音 点検修理
  • ジャガー X350 段差で異音がする
  • ジャガー X350 段差で異音がする
  • ジャガー X350 段差で異音がする
ジャガー X350 段差で異音がする
段差で異音がするという事でお預かりしたジャガーXJ X350です。
試運転を行うと、段差等でゴトゴトと鈍い音が発生していました。リフトアップし各足廻りの点検を行うと、フロントのロアアームとラジアスアームのブッシュに亀裂とグリス漏れを確認しました。
ブッシュに封入されているグリスは衝撃の緩和をする作用が有り、抜けてしまうと路面からの振動を吸収する事が出来なくなります。
純正品では、アームAssyでの供給しかなく高額になる整備ですが、弊社ではブッシュの取り扱いもあります。
交換作業後、試運転を行い異音が発生しないことを確認し作業完了となりました。
No.155 ダイムラー(デイムラー)ダブルシックス オーバーヒートとオイル漏れ
  • デイムラーW6 オーバーヒートとオイル漏れ修理
  • デイムラーW6 オーバーヒートとオイル漏れ修理
  • デイムラーW6 オーバーヒートとオイル漏れ修理
デイムラー ダブルシックス オーバーヒートとオイル漏れ修理
デイムラーの入庫も最近は少なくなってきました。維持するにはそれなりの覚悟が必要な車両ではあります。
まずはオイル漏れの点検から始めます。
このモデルはオイル漏れの定番箇所が決まっており、案の定今回もステアリングラックからかなりの量が漏れている状態です。続いてオーバーヒートですがアイドリング状態で点検をしていくと水温がすぐに100度付近まで上昇しました。そこでラジエータに繋がるホースを確認すると出口側のホースに感触がありません。恐らくサーモスタットが固着しているのでしょう。
サーモスタットを取り外して確認した所、錆で完全に作動が停止していました。
冷却水も赤茶色な錆色な状態です。
輸入車全般になりますが、油脂類を含め日頃からの定期的なメンテナンスがトラブルの予防になります。
No.154 ジャガー XJ X308 ヘッドライトHID及びエアコンパネルバルブ切れ
  • X308 ヘッドライトHID及びエアコンパネルバルブ切れ
  • X308 ヘッドライトHID及びエアコンパネルバルブ切れ
  • X308 ヘッドライトHID及びエアコンパネルバルブ切れ
  • X308 ヘッドライトHID及びエアコンパネルバルブ切れ
X308 ヘッドライトHID及びエアコンパネルバルブ切れ 交換
X308型のご入庫です。この時代のジャガーはヘッドライトがまだハロゲンタイプであり明るさも色合いもいまいちとなっています。
そこで現在主流であるHIDのキットを取り付けをしますが、X308型のヘッドライトレンズはバルブにささるカプラーがそのままヘッドライトの蓋の役目をしており外してしまうと水が混入し大変な事になります。そこでヘッドライト側とカプラー側を加工し取り付けていきます。
通常より工賃は割高になりますが交換後は最高ですよ。他エアコン操作の液晶パネルのバルブを交換し完了です。
No.148 ジャガーXJ X358 portfolio 足廻り点検・修理 ガタガタ音
  • ジャガーXJ X358 足回り修理ガタガタ音
  • ジャガーXJ X358 足回り修理ガタガタ音
  • ジャガーXJ X358 足回り修理ガタガタ音
ブレーキ時振動、異音がする。
ブレーキング時「ガタガタ」音がするという事でご入庫です。ロードテストやリフトアップしての足廻り検査を実施した結果、フロントラジアスアームブッシュからグリス漏れが発生しており、ガタが出ておりました。
X358のラジアスアームブッシュには、グリスが封入されており振動や衝撃を緩和しています。ブッシュからのグリス漏れがあると、不快な振動や異音の原因となりますので早期修理が必要です。
ラジアスアームは、アームアッセンブリだと高額になる為、ブッシュ打ち替えにて作業を行いました。
交換作業後、試運転を行い異音が消えている事を確認し作業完了となりました。
No.149 ジャガーXJ x350/x358 走行時、異音、振動
発進から走行時まで常に異音、振動

まず異音、振動の点検はロードテストからです。ドライブに入れてアクセルを踏み込むと振動が、特にシート下から感じられました。
次にリフトで下廻りを点検するとプロペラシャフトのディスクジョイントが破断していました。プロペラシャフトは回転運動をしている上、バランスがとても重要な部品です。その為少しでもバランスが崩れるだけで異音、振動につながります。
今回の原因はディスクジョイントですが交換をする場合ディスクだけではなく、ASSYでバランスを取ったものに交換します。もしディスクだけですとプロペラシャフトとバランスが取れず交換しても異音が発生しやすくなります。負荷がとてもかかる部品ですので1年点検でも要チェック箇所です。

No.145 ジャガーXJR x308 ヒーターライン冷却水漏れ故障修理
  • ジャガー XJR X308 冷却水漏れ修理
  • ジャガー XJR X308 冷却水漏れ修理
  • ジャガー XJR X308 冷却水漏れ修理
XJR(X308)ヒーターライン冷却水漏れ修理
車検でご入庫されたジャガーのX308です。こちらの車両はスーパーチャージャーが装着されているXJRになります。
車検点検を進めていくと、スーパーチャージャー下のヒーターホースから冷却水が漏れている事を発見しました。
スーパーチャージャー下のホースは、普段は目につきづらい箇所ですので、劣化が進行していることに気がつ付かない事が多いです。今回は冷却水が漏れた跡がはっきりと残っていましたのですぐに発見する事が出来ました。
ヒーターホースの交換は、スーパーチャージャーやインレットマニホールド等を外しての作業となる為時間が必要になる整備です。
水廻りのホース類は一箇所が劣化していると、他のホースも劣化が進んでいることが多いので同時交換をお勧めしています。
No.144 ジャガーXJ x351 冷却水漏れ修理
  • ジャガーXJ X351 冷却水漏れ修理
  • ジャガーXJ X351 冷却水漏れ修理
  • ジャガーXJ X351 冷却水漏れ修理
  • ジャガーXJ X351 冷却水漏れ修理
冷却水漏れ修理
地面に冷却水が垂れているとの事で修理のご来店を頂きました。
加圧テスターを使用し、冷却水ラインの圧力を上昇させ漏れの確認を行います。
しばらく時間を置き、診断を行うとインテークマニホールド下にあるオイルクーラー及びウォーターポンプまでのラインホース、そしてウォーターポンプ本体からも漏れが発生している事が分かりました。
最近ではX351の前期モデルに定番となりつつある症状ですので、定期的に点検を行いチェックをする事が重要です。
No.143 ジャガーXJ x351 エンジン冷却水漏れ
  • ジャガーXJ X351 エンジン冷却水漏れ
  • ジャガーXJ X351 エンジン冷却水漏れ
  • ジャガーXJ X351 エンジン冷却水漏れ
エンジン冷却水漏れ
冷却水の減りが早いという事でご入庫されたジャガーのX351です。
早速点検を行っていくと、インレットマニホールド下のホースから冷却水が漏れていることがわかりました。
交換作業には、インレットマニホールドを脱着しての作業となります。
同時作業として劣化が見られるウォーターポンプやその他のゴムホース類も交換をお勧めさせていただきました。
X351でも冷却水漏れなどのトラブルが増えてきましたので、気になる方は是非お問い合わせください。
ジャガー車種別故障修理技術ファイル
ジャガーXJ/X351 ジャガーXJ/X350 ジャガーXJ/X308 ジャガーXJ/X300 ダイムラー
XJ/X351 XJ/X350 XJ/X308 XJ/X300 ダイムラー
ジャガーSタイプ ジャガーXタイプ ジャガーXF ジャガーXK ジャガーXJ-S
Sタイプ Xタイプ XF XK XJ-S

ジャガーの販売,買取,車検,修理,整備はおまかせ!

ジャガー修理 ジャガー車検 各種お問い合わせ

  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ