ジャガー専門店マリオットマーキーズ

ジャガー車検整備,お乗り換えはマーキーズへ

ジャガー整備,販売,買取,車検はマーキーズへ
匠の技
お問い合わせ
ボッシュカーサービス
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー

ジャガー XJ (X351型) オーバーヒート 点検 修理

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日の修理はジャガーX351のオーバーヒートです。走行中に冷却水の温度が上昇しオーバーヒートしたということでご入庫いただきました。

早速点検していきます。

ジャガーX351ではエンジン冷却水の各ホース、パイプより冷却水漏れが起きてオーバーヒートする事例があり、まずはボンネットを開けてクーラントタンクの水量を確認します。
冷却水は減っておらず冷却水の漏れは確認できませんでした。

走行テストを行うと走行中では水温が安定していて、信号待ちなどの停車中に水温が上昇することを確認しました。
エンジンルームを確認するとエンジンの水温が上がっているのに電動ファンが作動していません。これではラジエーターの冷却水が冷えずオーバーヒートしてしまいますね。

走行中は走行風によって冷却されていたので水温が安定していたのだと思います。
コントロールユニットが壊れている可能性も考えられる為、単体テストを行いしっかりと電動ファンが原因かを特定する必要があります。

単体テストの結果、電動ファンが原因ということがわかりましたのでお客様にご説明させていただき、電動ファンの交換を行います。

X351は高出力のV8エンジンが搭載されている為、エンジンルームの作業スペースはとても狭いのでエアクリーナーボックス、インテークパイプなど取り外す必要があります。

電動ファンを交換し、走行テストを行ない問題がありませんので作業完了となります。

エンジンオーバーヒートでは冷却水漏れなどの物理的故障や電気的故障など沢山の原因がありますので、専門的な診断が必要です。
今回のような症状に限らず、何かお困りの際はまず弊社へご相談いただければと思います。

ジャガーXJ(X351)足廻り異音修理 点検

マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はX351の足廻り異音修理の整備になります。

ジャガーXJ X351型 V8(スーパーチャージャー)エンジン

前側から走行中段差などでコトコト、コンコンといったような音がするということでご入庫されました。
弊社でも多く取り扱いのあるジャガーフラッグシップセダンです。

アルミフレームが特徴の軽量ジャガーXJですが、走行距離が増えてくるとやはりブッシュなどにダメージが見られ今回のように異音が発生することがあります。
特にフロント側に付いているラジアスアームのブッシュが切れたりオイル漏れを起こすことが多く、そうした場合は異音がしたりブレーキを踏んだ時に車体全体がガタガタと動きます。

それでは早速点検していきます。

走行テストを行なうと段差を乗り越えた時に左フロント側からコトコト音が鳴っていることが確認でき、左右単体でのテストも行ったところ右側からは異音がしていませんでした。
車両をリフトアップし足廻り各部の点検を行った結果、定番のラジアスアームのブッシュには問題がありませんでしたが、左フロントサスペンションのアッパーマウントの衝撃を吸収するブッシュが劣化してボロボロになっていました。

ブッシュが劣化しているため段差などを乗り越えた衝撃で干渉して異音が発生していました。
今回は異音の原因であるアッパーマウント、その他サスペンション各部の部品を交換させていただきました。

アッパーマウントを交換するにはサスペンションを車体から取り外し、ショックアブソーバーとスプリングを分解する必要があり、とても危険な作業ですので慎重に交換作業を行います。

アッパーマウント交換後、サスペンションを車体に組み付け走行テストを行い問題がありませんので作業完了となります。無事に異音も無くなりました。

X351では足廻りのブッシュ類だけではなく、ボールジョイントなどのブーツ切れもチェックポイントです。そのまま放置しておくとブーツ内のグリスが無くなりジョイントが損傷してしまい最悪アーム本体の交換になることがあります。弊社ではブーツ切れの場合、アームによってはブーツのみの交換も行っていますので、気になる方はお問い合わせください。

ジャガー XJ X308 足廻り異音修理

いつもマリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日の整備はジャガーX308の足廻り異音修理です。

走行中に後ろの方からガタガタと異音がするということでご入庫いただきました。

まずは異音の症状を確認する必要があるため走行テストを行ってみると、
道路の段差などで車両後部からゴトゴト、ドンドン、ガタガタといったような車体全体に響く音を確認しました。

リフトアップをして音の発生原因を点検していきます。

アーム類やハブベアリングなどにガタはなく、リヤのサスペンションを疑い点検を行います。
サスペンションを取り外すにはリヤのメンバーキャリア(※リアアクスルという場合もあります)ごとおろす必要があり、専用のツールなども必要になります。

サスペンションを点検するとショックとボディーの間、スプリングとカバープレートの間にあるマウントブッシュが劣化してボロボロになっています。
このブッシュはサスペンションとボディーの干渉を防いだり振動などを吸収するものでこのブッシュがなくなってしまうとボディーとサスペンションが段差や凸凹道を走行した際に干渉してしまいます。
マウントブッシュが劣化してなくなってしまったことが足廻り異音の原因で、実際にこの車両もボディーとサスペンションが干渉し異音が発生していました。

その他にもショックのロアブッシュのブーツが破れ、グリス漏れによりジョイント部がガタガタになっていたのでお客様と相談をし、今回はサスペンションのマウントブッシュ、ショックのロアブッシュの交換を行いました。

最後に走行テストを行い、問題がないことを確認をして作業完了となります。

この年代の車の足廻りでは異音が発生する原因が他にも沢山あるため、原因特定にはしっかりとした知識と経験が必要です。
今回は足廻り修理でしたが、お車のことで何か気になることがありましたらまずは弊社へご相談ください。

ジャガー XJ(X351)冷却水漏れ 整備点検修理

ジャガー XJ X351 V8 5.0L スーパーチャージャー付き整備ブログ

久しぶりになりましたが、ジャガー整備スタッフです。
マリオットマーキーズ整備ブログをご覧いただきありがとうございます。
本日の整備はジャガーX351の冷却水漏れの修理です。

メーターに冷却水不足の警告灯が表示されるということでご入庫いただきました。早速点検していきます!

まずは実際に冷却水が減っているのかクーラントタンクを確認するとタンク内のクーラントレベルがLowレベルを下回っていました。
冷却水が少ないということは、どこからかクーラントが漏れている可能性がありますので、次に水廻りのホースなどに漏れがないか点検していきます。

エンジンカバーを外すとクーラントが通るパイプからすごい量のクーラントが漏れており、V型エンジンの間に漏れた冷却水が溜まっていました。
どの車種でもそうなのですが、特にジャガーX351では冷却水漏れが何箇所かで重複して起きることが多いです。

お客様と相談し、今回は冷却水が漏れているエンジン裏の接続ピース、サーモスタッドからラジエータ・アッパーホースなどへ接続されるパイプ、交換歴のないウォーターポンプの交換を行いました。
交換にはエンジンの各部ハーネス、燃料高圧パイプ、スーパーチャージャーなどを外して行く必要がありますのでとても大変な作業です。

作業後に試運転を行って漏れがないことを確認し完了となります。

今回は警告灯が表示されましたが、クーラントが漏れていると甘い匂いがしたり車の下にピンク色や緑色の液体が垂れたりします。

クーラント漏れは修理を行わずに乗り続けた場合、エンジンを冷却するクーラントがなくなり、エンジンがオーバーヒートを起こしてしまうので最悪エンジン本体の故障につながります。

しっかりとした点検、修理を行うことでこの先も安心して大切なお車に乗り続けることができますので、気になることがありましたらまずは弊社にご相談下さい!

ジャガーSタイプ エアコン効き弱い 故障・点検・整備

こんにちはジャガー整備スタッフです。

マリオットマーキーズの整備サイトをご覧頂き有難う御座います。
今回の整備内容はジャガーSタイプのエアコン修理です!

お客様の御用命で、エアコンの効きが悪いとのご依頼がありました。 実際にエアコンの効きを確かめみるとすぐにわかるほど冷風がでてきません。。

今の時期はまだまだ耐えられますが、これでは夏本番、全然効かないと思われます。

エアコン点検・診断

では、早速診断していきましょう。エアコンの診断では何よりもまずA/Cガスが入っているかどうかが肝心です。点検方法はマニホールドゲージをエアコンの低圧と高圧のチェックバルブへつなぎガスの圧力を点検します。

ガスは入っているようです。しかし、うーん、エンジンの回転を上げて頑張ってみてもこのくらいしか圧力が上がりません。しかし誤差といえば誤差の範囲内・・・微妙なところです。

・ガスは入っている

・コンプレッサーは動いている

・ゲージの値もほぼ正常

・そこそこ風は冷える

・ファンも回っている

むむ!これはもしやコンプレッサーの圧縮弱くなってません?

というわけで見てみましょう。

おっと、これはどうやらコンプレッサーからオイル漏れしているようです。この合わせ面から漏れているという事はここから少しずつガス漏れと圧縮漏れが起きているはずです。

これではエアコンの効きが弱いだけでなく、コンプレッサーのオイルが無くなり焼き付いてしまい、ベルトで強制的に回されることで熱をもち最終的にはベルトが切れる可能性があります。

今回は、初期症状で発見できたのでコンプレッサー交換で何とかなりそうです。

取り外してみるとコンプレッサーのボルト4本と合わせ面からオイル漏れしております。


リビルト品と比較してみましょう。

がっつり漏れてるのが分かりますね!

さっそく交換していきます。

無事、取り付け終わりエアコンの真空引きをし、その後各部配管からエアを吸ってないかをマニホールドゲージで確認しガスを封入!

エンジン始動!

・・・

いい感じで冷えてます!

キンキンです。

エアコンの冷えとジャガーのV8サウンドがあれば これで夏もバッチリ快適にドライビングが楽しめます!

是非快適なジャガークルージングをお楽しみください。

ジャガーSタイプ 足廻り修理

マリオットマーキーズの整備サイトをご覧頂き有難う御座います。
こんにちはジャガー整備スタッフです。

今回はジャガーSタイプ 足廻りの修理です

ジャガーディーラーで車検を依頼した際に指摘された不具合で各足廻りのブーツが破けてグリスが漏れてきています。通常ジャガーの足廻り部品はアッセンブリーの部品供給になっており、ブーツが一つ破けるとアームごとの交換になります。しかし当社ではブーツの交換のみやプレス機を用いてゴムブッシュの打ち替えなども行っており、かなりの費用を抑えることが出来ます。

各足廻りのブーツ切れ

このタイプの足廻りはジャガーXJ等も同様で特に前側はアッパーアームやタイロッドエンド、スタビライザーリンクのブーツが切れます。
多いのは後ろ側でアッパーアーム、ロアアーム、テンションロッド、スタビライザーリンク等です。

そのままディーラーなどで修理を依頼すると部品代だけで50万円程度かかってしまいます。それを当社だと半額以下に抑えることが出来たりします。
ただその場合ボールジョイント側に問題が無いかなどの診断をした上での判断になります。ただ単にブーツの交換を行うのではなくジョイントの動きやガタ等も診て、問題なければブーツを外して清掃、新しいグリスを注入して新しいブーツをつけるといった流れになります。

ディーラーや他社での見積もりで高額だった場合は一度是非ご相談して頂ければと思います!

ジャガーFペース事故修理/板金

こんにちはジャガー整備スタッフです。

マリオットマーキーズの整備サイトをご覧頂き有難う御座います。
今回の整備内容はジャガー初のSUVタイプFペースで板金修理です。

ジャガーFペース

ジャガー初のパフォーマンスSUVでスポーツカーを思わせるハンドリングやドラマチックな美しさで室内も広く、リアシートは柔軟な分割シートになっており、高い実用性と効率性を兼ね備えている車両です。
トルクもあり、室内も広く快適なのでロングドライブや女性でも運転しやすくなっています。
今回はそのFペースが事故修理にてご入庫しました。

右の前後ドア及び樹脂製サイドスカート傷、凹み

ドアがアルミパネルになっている為、ここまで傷が深く、凹んでしまっていると交換になります。
部品が日本になく、バックオーダーをかけて海外から取り寄せになります。
ドアが到着したら塗装を行い、今のドアについている部品の移植の他にゴムやモールなどは新品交換していきます。
最後にボディコーティングを施工して元通りです。

事故、板金修理で修理費用抑えるには、、、

このFペースは駐車場から出るときにぶつけてしまい、今回は自動車保険を使用して修理しました。
当社は損保ジャパンの正規代理店であり、「任せる価値がある」自動車保険のアドバイザーが多く在籍しております。
実費で修理したほうがいいのか、自動車保険使用したほうがお得になるのか打ち合わせを行い、進めていくのがいいと思います。
この先、板金修理や事故、自動車保険で分からないことがありましたらまずはマリオットマーキーズの事故修理、保険担当に是非ご連絡下さい!

マーキーズ整備TEL:03-5600-2757

■メールでのお問い合わせはこちらから↓↓

https://www.jaguar-seibi.jp/form/forms.html

ジャガーXタイプエンジン冷却水漏れ/オーバーヒート修理 

こんにちは。ジャガー整備スタッフです。

今回の整備内容はジャガーXタイプ冷却水漏れです。

最近は酷暑が続き、人だけでなく車にも影響を及ぼしていると思います。
エンジンもすぐに暑くなり、冷却水が少しでも漏れるとオーバーヒートしてしまうことが多いです。
今回のケースも冷却水不足の警告灯が点灯してすぐにオーバーヒートになってしまい、キャリアカーにてご入庫いただきました。。

診断結果は、、、

Xタイプのエンジンでは冷却水が漏れやすい弱点の箇所が決まっており、リザーブタンク、ウォーターポンプ、サーモスタット、サーモスタットにつくウォーターホース等が一般的に漏れやすい箇所になります。
点検していくとリザーブタンク内の冷却水も空っぽになっていました。

今回の場合はリザーブタンクにクラックが入りそこから漏れているところとウォーターポンプから漏れているのが分かりました。
樹脂製のタンクは経年劣化してくると黄色く色が変わってきてヒビが入りやすくなり、またホースが刺さる部分も樹脂でかなり細長いのでそこも折れて壊れることが多いです。
ウォーターポンプもエンジンのベルトとは別のベルトで駆動されているタイプで漏れ以外にも軸が歪んでガタが出たりします。

リザーブタンク交換及びウォーターポンプ交換

リザーブタンクは特に大きな部品等、外せずに交換できますがウォーターポンプはエアクリーナーのボックスやバッテリーなどを外さないとアクセスが出来ません。

赤丸部分が交換したウォーターポンプで黄色丸が取り付けた新品の冷却水リザーブタンクです。

ジャガー冷却水漏れ/オーバーヒート修理費用を抑えるコツ

ジャガーの冷却水関連の部品は一つ一つの点数が多く、金額も高くなりがちです。
漏れている箇所をピンポイントで修理したとしても劣化が進んでいるホースやガスケット、パッキン類等からまたすぐに漏れてきてしまうケースがあります。

そこで、やはり修理費用を抑えるコツとしてはしっかりとした点検、診断を行い、なんでも交換ではなく、本当に必要な部分を適切な修理で直していくことだと思います。
修理費用でお悩みの場合は是非一度ご相談ください!

まだまだ多い!ジャガーXJ X350 車高落ち/エアサスペンション修理/故障

こんにちは。ジャガー整備スタッフです。

いつもマリオットマーキーズのジャガー整備サイトをご覧頂き有難う御座います。

今回の整備内容はまだまだご依頼が多いジャガーXJ X350 エアサスペンション修理です。ジャガーX350の型で定番中の定番の故障です。
車高が規定値より下がったり、コンプレッサー圧力が低下しているとセンサーが反応して警告灯が点灯します。
そのままにして完全に車高が落ち切ってしまうと動かすのにも一苦労かかってしまいます。その際にバンパーやフェンダーを傷つけてしまったり、
他の足回りに影響を及ぼしてしまったりなどX350 、X358の型では珍しくないです。

大体故障箇所は決まっていて、、、

サスペンション本体のエア漏れ、エアサスペンションのコンプレッサーの内部ショート、コンプレッサーリレーの接点不良、バルブブロックの内部故障が主な故障箇所になります。
今回のケースはエアサスペンション本体からエア漏れを起こしており、サスペンション内部のエア圧が規定値にならずにコンプレッサーが回り続け、コンプレッサーも内部でショートしてしまったという状態でした。
テスターで診ていくとエアサスペンション本体のレベリングの合理性エラーの故障コードとコンプレッサー(リザーバー)合理性エラーの故障コードが入っていました。
通常ここでバッテリーの端子を外してコンプレッサーの作動を止めて、サスペンション本体からのエア漏れをチェックしていく流れになります。水で薄めた洗剤等を吹きかけるのも手ですが届かない箇所があるので両方行うのが正確な診断に繋がります。

修理費用を抑えるために、、、

今回は純正部品ではなく純正OEM品にてエアサスペンションとコンプレッサー、リレー交換行いました。

エアサスペンションと

コンプレッサー

エアサスペンションを純正の新品で使用すると1本大体28万円前後かかります。コンプレッサーだと大体25万円くらいです。
そこで部品によってはOEM品などを用いてコストを上手に抑えるのが一番のコツだと思います。ただ一概に安ければでは良いというわけではなく、しっかりと良品かどうか見極められる目を持っている専門店に依頼するのが一番です。修理費用でお悩みの場合は是非まず一度ご相談いただければと思います。

ジャガーXKR エンジン警告灯修理

いつもマリオットマーキーズの整備サイトをご覧頂き有難う御座います。
こんにちはジャガー整備スタッフです。

今回の整備内容はジャガーXKR エンジン警告灯修理です。
アイドリングも不安定で交差点でたまにエンジンストールしてしまうみたいです。

トラブルシュート開始

テスターで診断進めていくと、エラーの入力でエンジンの混合気がリーン(薄い)というエラーが入力されていました。
通常、車には理論空燃比という値があり、混合気中の酸素と燃料が、過不足なく反応する時の空燃比のことで日本で市販されているガソリンの場合の理論空燃比は14.7になっています。
14.7以下の状態をリッチ(燃料が濃い)、14.7以上の状態をリーン(燃料が薄い)と呼びます。今回のジャガーは燃料が薄いというエラーが入っており、つまり燃料が少ない、酸素が多い状態になっていて、エンジンに不調を起こしている事が分かります。エンジンフードを開けるとヒューヒューとエアを吸っている音が聞こえ、カバー類をバラしていくとエアクリーナーボックスに繋がるブローバイパイプに亀裂が入って空気を思い切り空気を吸っていました。

簡易的にテープを巻いてエア漏れを止めるとエンジン不調が治まりましたのでまずはこちらを修理していく流れになります。

パイプの破損以外にも、、、

カバー等外していくとパイプの破損以外にエンジンのオイル漏れがありました。
定番のタイミングチェーンケースカバーよりオイル漏れがありました。

交換するにはエンジン前廻りの補機類を全て外していく作業になります。

ジャガー点検/診断/修理の際は、、、

部品の構成や弱点を知っていて、尚且つ知識とノウハウがより必要とされます。

まずは正確な診断と点検を行う事、そしてお車の状態を正しく知る事で必要な整備を行いメンテナンスしていくことが重要です。