ジャガー専門店マリオットマーキーズ

ジャガー車検整備,お乗り換えはマーキーズへ

ジャガー整備,販売,買取,車検はマーキーズへ
匠の技
お問い合わせ
ボッシュカーサービス

ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー

ジャガー XJ X358 オーバーヒート修理

マリオットマーキーズの整備サイトをご覧頂き有難う御座います。
こんにちはジャガー整備スタッフです。

今回の整備内容はジャガーXJ X358オーバーヒートの修理です。

ジャガーの水廻りといえば定番の故障ですがX358のスーパーチャージャー付きのエンジンの場合は診断も作業もノーマルエンジンと比べると大変です。
部品点数も多くなり、箇所によってはアクセス出来るまで多くの部品を脱着しなければなりません。

オーバーヒートの原因は、、、

ジャガー XJ X358 オーバーヒート修理

オーバーヒートは、エンジンの温度を何らかの理由により下げられなくなると発生する症状です。

要因は様々有りますが、代表的な事例として噴き上げや漏れにより冷却水が不足し発生するケースは少なくありません。

また、オーバーヒートは最悪の場合、エンジン本体を痛める事も有りますので、修理する側としてはシビアにならざるをえません。

ジャガー XJ X358 オーバーヒート修理

点検の結果いたる箇所から冷却水漏れがあり、まずはこちらを修理していかないと正確な診断も出来ません。
一つ一つ水廻り関連のホース等をチェックしていきます。

ジャガー XJ X358 オーバーヒート修理

サーモスタットのハウジングや定番のリザーブタンク、ガスケット、オーリング類、ホース類全て確認して必要な部品を洗い出していきます。

ジャガー XJ X358 オーバーヒート修理

スーパーチャージャー下のウォーターホース

スーパーチャージャーが付いているので細かい箇所は鏡を使用し見ていくとスーパーチャージャー下のウォーターホースからの水漏れも確認出来ます。

ジャガー XJ X358 オーバーヒート修理

ここは見過ごしがちなのでジャガーの場合は要確認です。

ジャガー XJ X358 オーバーヒート修理

オーバーヒートが疑われる症状は

冷却水のリザーブタンク内の水量が著しく減少している、水温計の針がいつもより高い温度を示している、ラジエターファンは回っているのに水温が下がらない、

冷却水警告灯が点灯しているなど様々有りますので、いつもと違う事に気が付きましたらすぐに専門店で診てもらう事が先決です。

ジャガー水廻り修理の際は、、、

この様にジャガーの水廻り関連は部品点数が多い為、一つ漏れ箇所を見過ごしたり、交換しなかっただけでそこから漏れてくる可能性が高いです。

部品の構成や弱点を知っていて、尚且つ知識とノウハウがより必要とされます。

まずは正確な診断と点検を行う事、そしてお車の状態を正しく知る事で必要な整備を行いメンテナンスしていくことが重要です。

ジャガーXF エアコン 冷たい風が出ない原因 修理費用を抑えて整備

こんにちは。ジャガー整備スタッフです。

マリオットマーキーズの整備サイトをご覧頂き有難う御座います。

今回の整備内容はジャガーXFエアコン修理です。

エアコンは暑い季節には欠かせないですね。それ以外にも除湿等も行っている大事な機構です。
今回の症状としては「冷たい風が出ない」との事です。

まずは診断から

点検ではマニホールドゲージやガス漏れ検知器、ガス漏れ検知剤、温度計、テスター等を用います。
ジャガーのエアコンシステムも昔と違って電子制御が多く取り入れられているので診断もやや難しくなってきています。

マニホールドゲージや

エアコン診断器

温度計等も使って診断しています。

温度計

また蛍光剤を注入してブラックライトを当てて目視でガスが漏れていないかもチェックします。

蛍光剤で確認

今回の整備車両のXFは「エアコンコンデンサー」からのガス漏れが確認出来ました。
まずはガス漏れがあるここを修理し、再度検査していくのが通常の流れになります。

コンデンサー交換までの流れ

まずはフロントバンパー等、前側のサポート、ブラケット類を外してコンデンサーまでアクセス出来る様にしていきます。

コチラが交換したコンデンサーです。
交換後、真空引き、エアコンのガスチャージを行い、
最終チェックして完成になります。

エアコン修理費用を抑えるコツは、、、

エアコン修理と言っても箇所によっては費用が大きく変わってきます。
例えば今回のコンデンサーでは部品代だけでも約8万円前後します。
コンプレッサーの交換になると約15万円以上になることが多いです。

そこで部品によってはOEM品などを用いてコストを上手に抑えるのが一番のコツだと思います。ただ一概に安ければでは良いというわけではありません。

しっかりと良品かどうか見極められる目を持っている専門店に依頼するのが一番です。
修理費用でお悩みの場合は是非一度ご相談いただければと思います。

ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理

こんにちは。ジャガー整備スタッフです。

マリオットマーキーズの整備サイトをご覧頂き有難う御座います。
今回の整備内容はX308のエンジンの冷却水漏れです。
冷却水はエンジンオーバーヒートを防ぎ、温度をほぼ一定に保ちエンジン本来の性能を発揮できるようにしている重要な装置です。

やや年式も重ねてきたXJ X308型ですが、まだまだ現役です。
冷却水漏れは重要ですが、よくある箇所でもあります。
しっかり整備しジャガーライフをお楽しみください!

ジャガーXJ X308

ジャガーXJ X308はX300系のマイナーチェンジモデルとして1998年に登場しました。
エンジンも前モデルの直列6気筒からV型8気筒エンジンになりよりコンパクトになりました。

ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理

ジャガーに限らず冷却水漏れは輸入車に多い事例ではありますが、年式が古くなるにつれてX308も冷却水漏れは度々見られる症状です。
冷却水漏れが進行すると白い煙が出たり走行にも影響する部分ですので、修理は必須です。

ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理

X308はX350同様、当社で数多くメンテナンスしている車種です。

ジャガーの場合独自の設計から関連部品が多くなるところもありますので、部品も説明しながらご紹介します。
今回ご紹介する事例はV8エンジンにスーパーチャージャーが搭載されているXJRのモデルになります。

X308 エンジン冷却水漏れ修理

まずは漏れている箇所の特定から入っていきます。
加圧テストを行い、箇所を見つけていきます。

特にX308は冷却廻りの関連部品が多く、1か所でも再利用したり、交換しなかったりすると、劣化しているところからまた漏れてくることが多いです。
漏れ修理の宿命ではあります・・・。

今回は定番箇所である「ウォーターポンプ」と「スーパーチャージャー下のウォーターホース」からの漏れが確認出来ました。

下記左が交換したウォーターポンプです。

ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理

またX308では定期交換推奨部品とされる「サーモスタット」も同時交換しました。

ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理

冷却水ホースやパイプ類も劣化が見られるところ、再使用出来ないところはここまで交換しました。

ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理
ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理

冷却水漏れ作業するにあたって

エンジン前回りを外していき、ようやく漏れている箇所までアクセスできます。
年数も立っているのでボルトやビス一本一本に丁寧に外していきます。固着していたり、ダメージが大きいものは外す際に折れてしまったりします。
外してから交換が必要であれば交換、清掃で済むものは磨いて状態を良くして再度組み付けていきます。

ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理
ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理
コチラがVバンクの間に丁度溜まっている冷却水になります。
ジャガーXJR X308エンジン冷却水漏れ修理

ウォーターホースが通っており、このホース類がよくエンジンの熱で劣化が早まり、ダメになっていきます。
今回の漏れていた箇所です。

最後に、、、

清掃後、組み付けてエア抜き等全て行い、エンジン冷間時に冷却水量の確認をして最終チェックしてきます。

冷却廻りの整備をした時に少しでも冷却水の清掃が不十分だとエンジンが温まってきた際に冷却水独特の甘い匂いがしたりします。
清掃を十分に行わないと整備後の完成検査も正確に出来ません。
作業する際の準備や清掃はある意味整備をするうえで一番重要になってくるセクションであると思います。

ジャガー故障でお困りの際はまずはマリオットマーキーズへご相談下さい!

ジャガー XJ X350でよくある故障修理例

こんにちは。ジャガー整備スタッフです。

マリオットマーキーズの整備サイトをご覧いただきありがとうございます。
この度、アメブロから移行しジャガー整備専門のブログが設置されました!

今後はこのジャガー整備専門ブログにてより現場の事例をご紹介していければと思います。

はじめにxj X350の故障修理でよくある事例を選んでご紹介します!

ジャガーXJ

X350といえば、マーキーズを思い出していただきたいほど販売も整備も多くの実績があります。
整備部門では購入いただいたジャガーのメンテナンスも数多くこなしています。

また長年ジャガーを所有している整備スタッフもいるほどジャガーは当社にとって特別な車種です!

走るセダンのXJ X350

ジャガーXj x351 x350

ジャガーと言えば、どんなデザインを思い出すでしょうか。
現行はX351型と言い、先代のX350からフルモデルチェンジされ、外観もインテリアも大きく違います。

X351型もディーラー保証期間を超えて整備内容が増えてきていますが、整備のメインになっているのはやはりX350型になります。

ジャガーx358

X350には、マイナーチェンジを施したX358もラインアップされています。

英国生まれの品格あるジャガーの特徴の一つで「走るセダン」というポイントがあります。

アルミフレームにより軽量化された構造と、「ねこ足」とも形容されるしなやかで柔らかい足廻りが特徴です。

その走りをささえるXJの足廻り

ジャガーXJ X350の特徴であるエアサスペンションです。
経年劣化により性能が劣化しやすいポイントです。

高年式の中古車ジャガーで低価格の物がありますが、まずは見れるようであれば足廻りの劣化具合を見るのがお勧めです。

エアサスペンションの風船となる部分にキズが入りエアー漏れを発生します。

下側から見るとこのようにキズが入っています。
この状態になると車高が上がった時に空気が漏れて車高を維持できなくなります。

エアサスペンション故障例 劣化部品、新品部品

上記が、劣化部品と新品部品になります。

XJはX308型までは油圧のサスペンションでしたがX350からはエアサスペンションになりました。
このエアサスの故障が当社で定番修理の一つでもあります。

ジャガーの場合、例えばエアサスの左右どちらかが1本故障してエアが抜け落ちてしまうとジャガーという車の特性上、左右で車高のバランスを合わせるように調整されます。
これは空気を送るラインシステムの関係上機能するのですが、片側だけが下がってしまうのは伝統ある高級車ジャガーのバランスを損なってしまう為こういった構造になっていると言われています。

エアを送るコンプレッサーの故障

足回りの故障はサスペンションだけではありません。
サスペンションから空気が漏れ、コンプレッサーが空気を送らなければ車高が下がってしまう為、常時回り続けることになります。

コンプレッサーは休まず作動し続けることになりますので、故障が発生するのも時間の問題です。

まずはサスペンションに不具合があるのか、コンプレッサー本体の問題なのか、又はコンプレッサーのリレーや電源ラインの故障なのかを正確に診断し、判断することが重要になります。

正確な診断が出来る技術と知識とノウハウ

そこで一番重要になってくるのは診断スキル、知識とそれを元に修理が出来るノウハウです。
現代の自動車は電子制御の機構が当たり前になっているので、診断機を使用し故障個所の診断をする技術も必要になります。

時として修理は1か所を直してみないと判断がつかないという場合もあります。
最後にはやはり経験と知識が無いと症状の改善はできません。

当社では各車種スペシャリストが整備を担当しており、20年以上前からジャガーを扱っていますので経験、知識、ノウハウ全て揃っています!

メインは純正部品になりますが、実績あるOEMパーツも多く確保しておりますので費用の面でもご相談に乗れると思います。

今回は足廻りの事例でしたが、ジャガー全般についてメンテナンスは当社におまかせください。

ブログも度々更新していきますのでぜひチェックお願いします!

ジャガー整備相談ください

お気軽にお問い合わせください!


関連記事