ジャガー専門店マリオットマーキーズ

ジャガー車検整備,お乗り換えはマーキーズへ

ジャガー整備,販売,買取,車検はマーキーズへ
匠の技
お問い合わせ
ボッシュカーサービス
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー
ジャガー

ジャガー車検 整備 修理技術ファイル

ジャガー整備工場 > ジャガー技術ファイル事例一覧 >  No.155 ダイムラー(デイムラー)ダブルシックス オーバーヒートとオイル漏れ
No.155 ダイムラー(デイムラー)ダブルシックス オーバーヒートとオイル漏れ
  • デイムラーW6 オーバーヒートとオイル漏れ修理
  • デイムラーW6 オーバーヒートとオイル漏れ修理
  • デイムラーW6 オーバーヒートとオイル漏れ修理
デイムラー ダブルシックス オーバーヒートとオイル漏れ修理
デイムラーの入庫も最近は少なくなってきました。維持するにはそれなりの覚悟が必要な車両ではあります。
まずはオイル漏れの点検から始めます。
このモデルはオイル漏れの定番箇所が決まっており、案の定今回もステアリングラックからかなりの量が漏れている状態です。続いてオーバーヒートですがアイドリング状態で点検をしていくと水温がすぐに100度付近まで上昇しました。そこでラジエータに繋がるホースを確認すると出口側のホースに感触がありません。恐らくサーモスタットが固着しているのでしょう。
サーモスタットを取り外して確認した所、錆で完全に作動が停止していました。
冷却水も赤茶色な錆色な状態です。
輸入車全般になりますが、油脂類を含め日頃からの定期的なメンテナンスがトラブルの予防になります。
No.048 デイムラー エンジンオイル漏れ修理
  • ジャガー修理事例
  • ジャガー修理事例
  • ジャガー修理事例
オイル漏れにて修理依頼です。
早速点検開始です。オイル漏れのご用命でしので漏れ箇所を特定していくとタペットカバーパッキンからのオイル漏れを確認できました。通常のお車ですとさほど難しくなく交換できるのですが、V12のダブルシックスですとインレットマニホールドと呼ばれるパーツを先に外す必要があり、手間が掛る作業になります。
ジャガー車種別故障修理技術ファイル
ジャガーXJ/X351 ジャガーXJ/X350 ジャガーXJ/X308 ジャガーXJ/X300 ダイムラー
XJ/X351 XJ/X350 XJ/X308 XJ/X300 ダイムラー
ジャガーSタイプ ジャガーXタイプ ジャガーXF ジャガーXK ジャガーXJ-S
Sタイプ Xタイプ XF XK XJ-S

ジャガーの販売,買取,車検,修理,整備はおまかせ!

車種別入庫情報・技術ファイル事例

ジャガー修理 ジャガー車検 各種お問い合わせ

ジャガー輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINEでお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ